島研ノート 心の鍛え方

ノンフィクション・学芸(単行本)
シマケンノートココロノキタエカタ
著:島 朗
  • 電子あり
島研ノート 心の鍛え方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著者は「島研」を主宰し、羽生善治、森内俊之、佐藤康光という三人の名棋士の成長を十代の時からつぶさに見守ってきた。
著者は語る。「羽生善治という存在を中心として、佐藤康光・森内俊之の追いかけ、追いつきそして並走し、また抜きつ抜かれつの、長い戦いの中で見せる棋士の弱さや脆さを、みんなが鍛錬の中で身につけた全人的強さで克服していく過程こそが、私が長年圧巻の思いで見続けている物語なのである」。
トップクラスで戦い続ける三人の、長持ちする驚異的な技術と、それを支える精神構造の秘密がこの一冊に結実している。
将棋ファンはもちろん、ビジネスマンにも参考になる「心の鍛え方」のヒントが満載である。

目次

  • ●心が将棋を指す●「空気」の研究●棋士の背負うもの●ほんの少しの意地●やせ我慢を貫く ●「格」:の正体●誇らない努力●不安を胆力に変える技術●一人で学べるもの●気力維持の動機づけ ●現状維持を評価する ●自分の欠点を認識する●勝利の落とし穴●絶望と不眠の関係●2日前の心得 ●失敗する練習 ●醸成から天啓へ●答えなき愉しみ●「待つ力」を鍛える●集中力の「めりはり」●最後がすべてを決める●枝葉末節の省略 ●「ベスト負け」が明日をつくる●ライバルを認める ●心を支える言葉 ●礼節の規範 ●わかりあえない「常識」●不変の距離感●叱責のない恐怖●無意識のパワー●「将棋魂」の表現●免罪符の日々

製品情報

製品名 島研ノート 心の鍛え方
著者名 著:島 朗
発売日 2013年03月28日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218055-9
判型 四六
ページ数 256ページ
電子版製品名 島研ノート 心の鍛え方

著者紹介

著:島 朗(シマ アキラ)

1963年2月19日東京都世田谷区生まれ 将棋棋士九段。公益社団法人日本将棋連盟理事、東北統括本部長。17歳でプロ棋士四段、25歳で初代竜王位、31歳でA級八段となる。高柳敏夫名誉九段門下。竜王戦1組通算12期、順位戦A級通算9期、タイトル戦出場6回。伝説の将棋研究会「島研」主宰者。主な著書に『純粋なるもの――トップ棋士・その戦いと素顔―』(新潮文庫)、『島ノート』(講談社)など。

オンライン書店で見る