大黒島

文芸
ダイコクジマ
  • 電子あり
大黒島
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

30万円で、俺の出世を祈ってくれ!
みずうみに浮かぶ島の小さな寺で繰り広げられる金とホトケをめぐる奇妙でユーモラスな物語

信仰とはなにか? 元銀行員の坊主、悶々と考える。
銀行を辞め、みずうみに浮かぶ島にある小さな寺の執行(管理責任者)となった「私」の元へ、かつての同僚が訪ねてきた。「おまえの仲介で神仏の力を借りたい」と。「私」は求めに応じ、護摩を焚き、30万円を受け取る。半年後、同僚の妻が来て金を返せという。夫はめでたく昇進したが、辞令が出た翌日、息子が事故で半身不随になったのだった……。

姉妹篇「オオクニヌシたち」と、「海の碧さに」の2篇を併録。

製品情報

製品名 大黒島
著者名 著:三輪 太郎
発売日 2012年10月18日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-217955-3
判型 四六変型
ページ数 258ページ
電子版製品名 大黒島

著者紹介

著:三輪 太郎(ミワ タロウ)

1962年、名古屋市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。出版社勤務のかたわら、評論、小説などを書き始める。90年、「『豊饒の海』あるいは夢の折り返し点」で第33回群像新人文学賞「評論部門」受賞。2006年、「ポル・ポトの掌」で第1回日経小説大賞佳作受賞(後に『あなたの正しさと、ぼくのセツナさ』に改題)他の著書に『後生ゴショー』『マリアの選挙』『死という鏡 この30年の日本文芸を読む』など。

オンライン書店で見る