「病は気から」を科学する

ノンフィクション・学芸(単行本)
ヤマイハキカラヲカガクスル
  • 電子あり
「病は気から」を科学する
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イギリス気鋭の科学ジャーナリストによる知的興奮のノンフィクション!
スピリチュアルブーム、自然志向で「現代医学VS.自然療法」という対立が生まれた。
「代替療法はまったく根拠のないエセ科学だ」と断じ、切り捨てる科学者。
「心の力ですべての病は直る」と極論を述べるヒーラーや、スピリチュアルをお金に変える商売人。
真実は、両者のはざまに存在した。
「心の力」を治療に取り入れている最先端科学の研究者と医療現場、患者に、綿密な取材を敢行。
がん、自己免疫系疾患、過敏性腸症候群、うつ、パーキンソン病、自閉症、慢性疲労症候群などの病気に、心がどのような役割を果たしているかを解き明かす。

*プラセボ効果を利用して鎮痛剤の使用量を抑える
*催眠術を利用して過敏性腸症候群の腸収縮を抑える
*味覚と臭覚を訓練し、免疫系疾患の治療に役立てる
*心の状態と生涯にわたる病気リスクの関係
*遺伝子の活性化など、心の状態が体の物理的構造に与える影響

エビデンスをもとに導き出された、「西洋医学=絶対」でもなく、「自然療法=インチキ」でもない「第三の真実」とは?
「病は気から」を科学すれば、思いや思考によって最先端医療の効果を最大化できる。
ページを繰る手が止まらない!知的興奮のノンフィクション。

目次

  • 第1章 偽薬――プラセボが効く理由
  • 第2章 型破りな考え――効力こそすべて
  • 第3章 パブロフの力――免疫系を手なずける方法
  • 第4章 疲労との闘い――脳の「調教」
  • 第5章 催眠術――消化管をイメージで整える
  • 第6章 痛み――バーチャルリアルティと鎮痛剤
  • 第7章 患者への話し方――気遣いと治癒
  • 第8章 ストレス――格差と脳の配線
  • 第9章 マインドフルネス瞑想法――うつと慢性疾患
  • 第10章 健康長寿――老化と社会的つながり
  • 第11章 電気の刺激――神経で病気を治す
  • 第12章 神を探して――ルルドの奇跡と科学

製品情報

製品名 「病は気から」を科学する
著者名 著:マーチャント,ジョー 訳:服部由美
発売日 2016年04月12日
価格 定価 : 本体3,000円(税別)
ISBN 978-4-06-217937-9
判型 四六
ページ数 392ページ
電子版製品名 「病は気から」を科学する

著者紹介

著:マーチャント,ジョー(マーチャント,ジョー)

科学ジャーナリスト。生物学を学び、医療微生物学で博士号を取得。『ネイチャー』、『ニュー・サイエンティスト』などの一流科学誌で記者、編集者をつとめたのち、独立。『ガーディアン』や『エコノミスト』に寄稿。海洋考古学から遺伝子工学の未来まで、先端科学の専門家として執筆活動をおこなう。著書に『アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ』『ツタンカーメン 死後の奇妙な物語』(いずれも文藝春秋)がある。ロンドン在住。

訳:服部由美(ハットリユミ)

翻訳家。訳書に、ジェイソン・パジェット『31歳で天才になった男』マシュー・ロゲリン『僕がパパに育つまで』(いずれも講談社)、キャロライン・メイス『思いやりのチャクラ』(サンマーク出版)、タンマヤ・ホナヴォグト『プロフェッショナルレイキ』、マリリン・グレンビル『検証 骨粗鬆症にならない体質』(ともにガイアブックス)などがある。

オンライン書店で見る