宇宙へ

文芸
ソラヘ
宇宙へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

誰もが宇宙へ行ける時代でも、働く悩みは尽きない――
新時代の“お仕事”エンターテインメント!

子供の頃から宇宙へ行くことを夢見ていた原田拓海。高校生の時、身長が規定オーバーの192cmを超え、宇宙飛行士の夢は潰えた。だが、2031年、かねてから開発中だった地上と衛星軌道のステーションを結ぶ〈宇宙エレベーター〉が完成する。誰でも宇宙へ行ける時代の到来。拓海の夢は途絶えてはいなかった。天に向かい、まっすぐ伸びていくケーブルで、拓海はついに宇宙へ上がる。職業、メンテナンスマン。仕事場は、宇宙! 夢のその先には、誰も味わったことのない未知の“お仕事”が待っていた。

製品情報

製品名 宇宙へ
著者名 著:福田 和代
発売日 2012年09月20日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217919-5
判型 四六変型
ページ数 352ページ

著者紹介

著:福田 和代(フクダ カズヨ)

福田和代(ふくだ・かずよ)
1967年兵庫県神戸市生まれ。神戸大学工学部卒業後、システムエンジニアを経て、2007年、航空謀略サスペンス『ヴィズ・ゼロ』でデビュー。2008年、首都大停電の悪夢を描いた『TOKYO BLACKOUT』で注目を集める。他の著書に『オーディンの鴉』『迎撃せよ』『怪物』『スクウェア1・2』『特殊警備隊ブラックホーク』『ZONE 豊洲署刑事 岩倉梓』などがある。緻密な取材と専門知識に裏付けられた作品を次々と発表する、気鋭の作家。