猫弁と透明人間

文芸
ネコベントトウメイニンゲン
猫弁と透明人間
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天才弁護士・百瀬のもとに、一通のメールが届いた。「はじめておたよりします。ぼくはタイハクオウムが心配で、昼も眠れません。 透明人間より」
そのメールは法廷に立たずに事件を解決するゴースト弁護士、沢村から送られたものだった。ひきこもりで人と話せない沢村は、自らが解決した事件の結末が気になり、オウムの行く末を百瀬に託す。
この依頼人はきっと困っているはずだ――。百瀬はタイハクオウムを救い出し、メールを手がかりに透明人間の正体を探る。沢村が取り組む医療ミス問題に不審な点を発見した百瀬は、奇跡の弁護で法廷の流れを逆転させる。
果たして百瀬は、オウムを、ゴースト弁護士を、患者を、救うことができるのか?

製品情報

製品名 猫弁と透明人間
著者名 著:大山淳子
発売日 2012年06月14日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217760-3
判型 四六変型
ページ数 264ページ

著者紹介

著:大山淳子(オオヤマジュンコ)

2006年、『三日月夜話』で城戸賞入選。
2008年、『通夜女』で函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリ。
2011年、『猫弁~死体の身代金~』にて第三回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞。デビュー作『猫弁』は単行本と文庫をほぼ同時に発売し、どちらも大反響を得て版を重ねている。