アスペルガーの館

アスペルガーノヤカタ
  • 電子あり
アスペルガーの館
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幼いときから落ち着きがなく、特定の物事にこだわりが強い女の子は、3歳になっても言葉を発しませんでした。自分の欲求がかなわないとパニックになって激しく泣き叫ぶ姿に、母親は大学病院や心理療法の専門家を訪ねまわりました。ある先生に「自閉症ではないか」と指摘され、彼女の「療育(治療教育)」の日々が始まります。
公立中学・公立高校へと進み、大学で心理学を学んだ後には、発達障害の「当事者」の立場に加え「支援者」の立場にもなろうと、国立身体障害者リハビリテーションセンター学院へ進みます。
私生活では、「アスペルガーの館」というサイトを通じて知り合った、やはりアスペルガーである夫と結婚。発達障害の「家族」としての立場も得ました。夫とのユニークな出会いや夫婦生活、共同生活の工夫についても綴られます。

目次

  • 第一章 「アスペルガー症候群」との出会い
  • 第二章 自分はいったい何者なのか
  • 第三章 三つの立場で生きる
  • 第四章 発達障害とどう付き合うか

製品情報

製品名 アスペルガーの館
著者名 著:村上 由美
発売日 2012年04月03日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217504-3
判型 四六
ページ数 216ページ
電子版製品名 アスペルガーの館

著者紹介

著:村上 由美(ムラカミ ユミ)

1972年東京都生まれ。
上智大学文学部心理学科、国立身体障害者リハビリテーションセンター学院聴能言語専門職員養成課程卒業。
発達障害児・肢体不自由児の言語聴覚療法や発達相談に携わる。現在は、声に関するセミナーや自治体の発育・発達相談、発達障害関係の原稿執筆、テレビ出演や講演などを行っている。
言語聴覚士。日本言語聴覚士協会会員。(財)生涯学習開発財団認定コーチ。
著書に『声と話し方のトレーニング』 (平凡社新書) がある。

オンライン書店で見る