司法記者

ノンフィクション・学芸(単行本)
シホウキシャ
司法記者
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

佐々木譲氏絶賛!
「圧倒的なリアリティ! 取材では書き得ない迫力。
いま検察が抱える問題を鋭く指し示す、きわめて同時代的な問題作!
地検特捜部のありようを、現実に生きる検察官の姿を、ここまで生々しく描き切った小説はこれまであったろうか。わたしたちはいま『検察小説』という新しいジャンルの誕生を見たのかもしれない。これからも検察の内部からこれほど情報性豊かなエンターテインメントが続けて生まれてきたら、と、職業作家として、わたしは少しおののいている。」

密室の女性記者死体・大物政治家「政治とカネ」疑惑――二つの事件が交差するとき、驚愕の真実が明らかに。検察を知り尽くす謎の作家、鮮烈なデビュー作!

「騙されるな。気合を入れて叩き割れ!」
「……そんな供述のどこが真実なんだ」
美貌の女性記者はなぜ殺されたのか?
口を閉ざし続ける容疑者の守り通す秘密とは……。
特捜検事が、巨大組織の壁の中で、孤独な闘いに挑む!

製品情報

製品名 司法記者
著者名 著:由良秀之
発売日 2011年10月27日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217013-0
判型 四六
ページ数 280ページ

著者紹介

著:由良秀之(ユラヒデユキ)

一九七七年東京大学卒業、民間会社勤務を経て、一九八三年検事任官。東京地検特捜部、法務省法務総合研究所等に勤務。二〇〇六年に退官、弁護士登録、東京都内で法律事務所開設。大学教授として研究・教育にも従事。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV