オッサンフォー

ノンフィクション・学芸(単行本)
オッサンフォー
著:堀田純司 絵:森恒二
  • 電子あり
オッサンフォー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

舞台は大阪。
主人公は4人の詐欺師。

「一発、やってこましたれ」

“ちゃんとした大人”になり損ねた彼らは
現役に復帰し
大阪市議会の実力議員を相手に、
奇想天外な詐欺を仕掛ける。

人間のリアリズムがあふれる街、大阪で繰り広げられる
「中年の青春小説」。

装画:森恒二

★在阪マスコミ、絶賛の嵐!

「大阪を代表する悪漢小説がついに生まれた。
カタギになれない4人のオッサンたちが愛おしい。
実際にいれば、こんな奴らには関わりたくないが、ぜひ取材してみたい。
中島らもの衣鉢を継ぐのはこの作者しかいない」
(日刊ゲンダイ大阪元記者 西埜隆文)

「罪を犯すことでしか、人との交わりで慰めを得ることができない。
純粋だけれど邪悪で、生きづらさを抱えた主人公たちは、
誰もに潜んでいる肯定も決別もできない分身だ」
(デイリースポーツ記者 中山伸治)

「吉本新喜劇のようなアホやなーと言ってしまいそうなオチでした。
大阪出身の作家さんだけあって、
大阪人独特の『転んでもただでは起きません』根性や底力を4人から感じました。
大阪らしい場所も沢山でてきて、想像しながら読んでて楽しかったです。
にしても、有りそうな話ですね~
っていうかノンフィクションですか!?」
(フリーカメラマン 谷口紀子)

「ヤタケタでヤニコイ人必読!
ヤタケタ、ヤニコイって何???という人は、迷わず読めよ、
読めばわかるさ!」
(デイリースポーツ・クオリティ 高橋亮)

製品情報

製品名 オッサンフォー
著者名 著:堀田純司 絵:森恒二
発売日 2012年09月19日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216865-6
判型 四六
ページ数 264ページ
電子版製品名 オッサンフォー

著者紹介

著:堀田純司(ホッタジュンジ)

堀田純司(ほった・じゅんじ、作家)
1969年、大阪府大阪市生まれ。
高校中退後、上智大学文学部ドイツ文学科卒業。
漫画編集者などを経て独立しフリーに。
ライターとしての著書に『スゴい雑誌』(講談社文庫)、『人とロボットの秘密』『ツンデレと僕とハイデガー』(講談社)、『自殺するなら引きこもれ』(光文社新書)ほか。
編集として『生協の白石さん』(講談社)ほかを手がける。
2010年、「作家が自分たちで作る日本で初めての電子書籍」『AiR』の編集人として話題を集める。
twitter@h_taj

オンライン書店で見る