ハルビン駅へ 日露中・交錯するロシア満洲の近代史

ハルビンエキヘニチロチュウコウサクスルロシアマンシュウノキンダイシ
ハルビン駅へ 日露中・交錯するロシア満洲の近代史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

満洲の中心都市・ハルビン。多くの日本人にとっては、伊藤博文が暗殺された都市として記憶されますが、それだけではありません。日本、ロシア、中国を中心に、波瀾の近代史を繰り広げた舞台でもあります。
始まりは、ロシアのアジア進出にあります。ロシアは東清鉄道を建設し、アジアの不凍港まで鉄道を開通させねばならなかった。その調査の過程で発見されたハルビンは、やがて東清鉄道建設の基地となり、ロシアの植民地となります。
ロシアの名物蔵相ウイッテの思惑、軍と鉄道会社の利害対立など、ハルビンの発見から植民、そして繁栄と混乱の社会と歴史が綿密に描き出されます。いわば、ヨーロッパとアジアの思惑、国際関係のるつぼとして、ハルビンはあったのです。
そこでは、中国人、日本人のみならず、ユダヤ人のコミュニティも形成され、「最も自由な国際都市」という側面もそなえてゆきます。
しかしながら、歴史は、このリベラルな都市を、そのまま許すことはありません。やがて日露戦争に突入。そして、中国による奪還と歴史はうねっていきます。
そうでありながら、では、鉄道建設で栄えたハルビンはなぜ、リベラルな国際都市の可能性を持つことができたのか。
本書は、ロシア側の未公開資料など、貴重な史料を広汎に発掘し、壮大なスケールで描く、満洲の近代史です。

加藤陽子(東大教授)さんが、「ロシアにとっての『坂の上の雲』が今ここに」と大絶讃! まれに見る本格歴史書を、堪能してください。

目次

  • まえがき ハルビン前史――日露善隣の長い十九世紀
  • 第一章 それは鉄道からはじまった
  • 第二章 日常的な省庁間の争い
  • 第三章 満洲植民――政策、成果、反応
  • 第四章 戦争、革命、政治―― 一九〇四年から一九〇八年のハルビン
  • 第五章 彼ヲ知リ己ヲ知ラバ――国境地域のロシア東洋学
  • あとがき ハルビンと日本――残照の中の輝き

製品情報

製品名 ハルビン駅へ 日露中・交錯するロシア満洲の近代史
著者名 著:ディビッド・ウルフ 訳:半谷 史郎
発売日 2014年10月06日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-213998-4
判型 四六
ページ数 448ページ

著者紹介

著:ディビッド・ウルフ(ディビッド・ウルフ)

1960年ニューヨーク生まれ。ハーバード大学ロシア・フランス歴史・文学科卒。カリフォルニア大学バークレー校にて博士号取得(歴史学・政治学)
プリンストン大学で教鞭をとった後、ウッドロー・ウィルソン研究所国際冷戦史プロジェクトのディレクター・上級研究員を務める。2006年より、北海道大学スラブ研究センター教授。
専攻は、ロシア史、北東アジアの国際関係史。
主な著書に、To the Harbin Station ;The Liberal Alternative in Russian Manchuria,1898-1914(本書),Rediscovering Russia in Asia:Siberia snd the Russian Far East,共著に、The Russo-Japanese War in Global Perspective:World War Zeroなどがある。日本語訳された論文も多数。

訳:半谷 史郎(ハンヤ シロウ)

1968年生まれ。大阪外国語大学ロシア語科卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、愛知県立大学准教授。
訳書に、テリー・マーチン『アファーマティヴ・アクションの帝国:ソ連の民族とナショナリズム、1923-1939』(明石書店)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV