ジグβは神ですか

講談社ノベルス
ジグベータハカミデスカ
著:森博嗣
ジグβは神ですか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ついに姿を現した天才博士。Gシリーズ最大の衝撃!


芸術家たちが自給自足の生活を営む宗教施設・美之里。
夏休みを利用しそこを訪れた加部谷恵美たちは、
調査のため足を運んでいた旧知の探偵と再会を果たす。
そんななか、芸術家の一人が全裸で棺に入れられ、
ラッピングを施された状態で殺されているのが発見される。
見え隠れするギリシャ文字「β」と、あの天才博士の影。
萌絵が、紅子が、椙田が、時間を超えて交叉する――!

製品情報

製品名 ジグβは神ですか
著者名 著:森博嗣
発売日 2012年11月06日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-182856-8
判型 新書
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:森博嗣(モリヒロシ)

1957年12月7日愛知県生まれ。工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年、『すべてがFになる』(講談社ノベルス)で第1回メフィスト賞を受賞し、ミステリィ作家としてデビュー。以後、犀川助教授・西之園萌絵のS&Mシリーズや、瀬在丸紅子たちのVシリーズ、『φは壊れたね』から始まるGシリーズ、『イナイ×イナイ』からのXシリーズなどを執筆。ほかに、『女王の百年密室』『スカイ・クロラ』『喜嶋先生の静かな世界』などの小説や、『森博嗣のミステリィ工作室』『工作少年の日々』、ささきすばる氏との絵本『悪戯王子と猫の物語』、庭園鉄道敷設レポート『庭園鉄道趣味 鉄道に乗れる庭』、『つぶやきのクリーム』など多くの作品を発表し、人気を博している。