毒草師 白蛇の洗礼

講談社ノベルス
ドクソウシハクジャノセンレイ
  • 電子あり
毒草師 白蛇の洗礼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

千利休はキリシタン!? 御名形(みなかた)が奇怪な毒殺事件と“茶聖”が残した謎に迫る!
「QED」一の曲者・御名形史紋(しもん)が大活躍

裏千家教授・大澤信郎の次男が濃茶席で毒殺された。取材を始めた雑誌編集者の西田は、容疑者の神凪百合(かんなぎゆり)に淡い恋心を抱く。相次ぐ毒殺事件の真相を突き止めようと、西田は毒に精通する変人、自称<毒草師>の御名形史紋を頼ることに。大澤家がひた隠す秘密を、御名形は「千利休=キリシタン」説とともに解き明かす!

製品情報

製品名 毒草師 白蛇の洗礼
著者名 著:高田 崇史
発売日 2011年06月06日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-182781-3
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 毒草師 白蛇の洗礼
シリーズ 講談社ノベルス
初出 2008年に単行本として朝日新聞出版より刊行された。

関連シリーズ

オンライン書店で見る