鬼神伝 龍の巻

講談社ノベルス
オニガミデンリュウノマキ
鬼神伝 龍の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『鬼神伝』待望の新作登場!!
生き残るのは、鬼か、人か。

胸に勾玉の痣を持つ高校生の天童純は、平安京で出会った水葉に似た少女を追いかけ、長谷寺の弁天窟へ。だが真紅の光を見た純は気を失い、闇に吸い込まれる。遡って鎌倉幕府では、執権の北条時宗が鬼の殲滅を講じていた。一方、刀鍛冶を志す15歳の王仁丸は鬼の首も斬れる名刀「蛇胴丸(じゃどうまる)」を見ようと、刑場へ向かうが……?

講談社創業100周年記念出版

製品情報

製品名 鬼神伝 龍の巻
著者名 著:高田 崇史
発売日 2010年10月06日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-182736-3
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社ノベルス

関連シリーズ