琅邪の鬼

講談社ノベルス
ロウヤノオニ
琅邪の鬼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2010年、講談社ノベルスが自信をもって世に送り出す大型新人・丸山天寿の、面白さ極めた痛快冒険活劇!

琅邪(ロウヤ)とは……古来より「あやかしの町」と呼ばれた中国大陸の東端・山東半島にある港町。その海には、目には見えるが決して近付くことのできない浮島が時に出現し、人々は仙薬を飲む「神仙」たちが住む島であると信じていた。中国を統一した秦の始皇帝は、不老不死の仙薬を手に入れるため、方士(医術・易占を行う者)・徐福(じょふく・歴史上の人物)に命じて、この町に研究所「徐福塾」を作らせた。

(あらすじ)琅邪山にある徐福塾に、希仁(求盗=警察官・きじん)から「大商人・西王家(さいおうけ)の家宝を盗んだ鬼を調べてほしい」との依頼がもたらされた。徐福の弟子・残虎(巫医・ざんこ)と安期(易者・あんき)が調査に向かうが、真相に辿りつけぬまま、彼らは奇怪な連続事件に巻き込まれていく。美女怪死、甦る死体、一夜にして消失する屋敷……。
 町の治安を取り戻すべく、残虎、安期、狂生(剣士・きょうせい)、桃(狂生の妻・とう)、無心(知恵者・むしん)ら徐福の弟子たちが立ち上がった! 医術、易占、剣術、推理……各々の能力を駆使した末、次々と明らかになる事件の真相と、鬼の正体。
 そして、伝説の方士・徐福と鬼が対決するクライマックスへ!!
 多彩な登場人物、手に汗握る攻防、緻密な謎解き、そして圧倒的な情報力!

【著者の言葉】
ほら吹きおやじと人から呼ばれます。
実はそれを少し自慢に思っています。
小説とは煎じ詰めれば、ほら話ではないでしょうか。
万人が溜息をつくような、
素晴らしいほらを吹きたいものです。
                   丸山天寿

【著者略歴】
昭和29年6月 長崎県生まれ  
昭和48年   福岡県立八幡南高等学校卒業 
昭和49年   陸上自衛隊勤務  
昭和62年   古書店「天寿堂書店」経営
 ライフワークである邪馬台国研究を進めるうち、
 自身初の小説となる『琅邪の鬼』を着想。
 視覚障害を抱えつつも執筆を進め、
 第44回メフィスト賞を受賞する。

製品情報

製品名 琅邪の鬼
著者名 著:丸山天寿
発売日 2010年06月07日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-182718-9
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社ノベルス