QED~ventus~ 熊野の残照

講談社ノベルス
キューイーディーヴェンタスクマノノザンショウ
QED~ventus~ 熊野の残照
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

牛王宝印(ごおうほういん)に秘められた八咫烏(やたがらす)の正体と熊野三山の謎を解く!
和歌山・熊野を舞台に、旅する「QED」第10弾!

和歌山県・紀伊半島に位置する、古来からの信仰深い土地“熊野”。浄不浄を嫌わず、黄泉の国との謂れもある熊野三山――熊野本宮(ほんぐう)大社・熊野速玉(はやたま)大社・熊野那智大社――の神々には意外な逸話が隠されていた……。伝承にまつわる一寸の「?(クエスチョン)」から歴史を辿る桑原崇(くわばらたかし)と棚旗奈々(たなはたなな)の旅路は、故郷を捨てた悲しい運命(さだめ)を生きる神山禮子(みわやまれいこ)と共に、熊野が孕む深遠な謎へと迫っていく!!

製品情報

製品名 QED~ventus~ 熊野の残照
著者名 著:高田 崇史
発売日 2005年08月04日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-182440-9
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社ノベルス