QED 鬼の城伝説

講談社ノベルス
キューイーディーオニノシロデンセツ
QED 鬼の城伝説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

桃太郎に虐げられし、鬼たちの慟哭(どうこく)が聞こえる!
「QED」シリーズ第9弾!!

岡山・吉備津神社に今も伝わる、占ト(せんぼく)「鳴釜神事(なるかましんじ)」。大和朝廷によって退治され、土中深く埋められた鬼神――温羅(うら)の首が、釜を唸(うな)らせて人の吉凶を告げるという。一方、これとは逆に、総社(そうじゃ)市の外れ、鬼野辺(きのべ)家に先祖代々伝わる大きな釜には、鳴ると凶――主(あるじ)が死ぬという言い伝えがあった。そして……、不吉の釜が鳴り、土蔵に長男・健爾(けんじ)の生首が!?旅の途中、事件に遭遇した崇(タタル)は、事件の核心“桃太郎伝説”の騙(かた)りを衝く!

製品情報

製品名 QED 鬼の城伝説
著者名 著:高田崇史
発売日 2005年01月11日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-182409-6
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社ノベルス