QED 竹取伝説

講談社ノベルス
キューイーディータケトリデンセツ
QED 竹取伝説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

かぐや姫の正体とは?
『竹取物語』の真実とは?
“七夕”に秘められた呪(しゅ)とは!

“鷹群山の笹姫様は……滑って転んで裏庭の、竹の林で右目を突いて、橋のたもとに捨てられた”。不吉な“手毬唄”が残る、奥多摩は織部村。この村で、まるで唄をなぞったような殺人事件が発生。崇(タタル)は、事件の本質を解き明かすべく、「竹取物語」の真実から「かぐや姫」の正体にまで迫る。まさに「QED」の真骨頂!

製品情報

製品名 QED 竹取伝説
著者名 著:高田崇史
発売日 2003年01月09日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-182295-5
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社ノベルス