<出雲>という思想

講談社学術文庫
イズモトイウシソウ
  • 電子あり
<出雲>という思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

〈出雲〉はなぜ抹殺されたのか
気鋭の思想史研究者が描く近代日本確立の陰の苛烈な戦い

明治国家における「国体」「近代天皇制」の確立は、〈伊勢〉=国家神道の勝利であった。その陰で闇に葬られたもう1つの神道・〈出雲〉。スサノヲやオホクニヌシを主宰神とするこの神学は、復古神道の流れに属しながら、なぜ抹殺されたのか。気鋭の学者が〈出雲〉という場所(トポス)をとおし、近代日本のもう1つの思想史を大胆に描く意欲作。

目次

  • 第1部 復古神道における〈出雲〉
  • 1 「顕」と「幽」
  • 2 本居宣長と〈出雲〉
  • 3 平田篤胤と〈出雲〉
  • 4 篤胤神学の分裂と「幽冥」の継承
  • 5 明治初期の神学論争
  • 第2部 埼玉の謎――ある歴史ストーリー

製品情報

製品名 <出雲>という思想
著者名 著:原 武史
発売日 2001年10月10日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-159516-3
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 〈出雲〉という思想 近代日本の抹殺された神々
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:原本は’96年、公人社より刊行された。

オンライン書店で見る