言葉と悲劇

講談社学術文庫
コトバトヒゲキ
言葉と悲劇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『マクベス』やギリシア悲劇を例に、「悲劇は言葉の両義性にかかわる」と指摘した「言葉と悲劇」、小説『こころ』を分析し、夏目漱石の深層心理に迫った「漱石の多様性」など、柄谷行人の代表的講演を収録。文学、思想から経済学、数学にも言及する15編は、作者の知的世界の広大さを示す。『探究1・2』執筆と並行する思想の軌跡は、現代人にとって刺激にあふれた〈柄谷理論〉への格好の入門書である。

目次

  • 1 バフチンとウィトゲンシュタイン
  • 2 漱石の多様性――『こゝろ』をめぐって
  • 3 言葉と悲劇
  • 4 ドストエフスキーの幾何学
  • 5 江戸の注釈学と現在
  • 6 「理」の批判――日本思想におけるプレモダンとポストモダン
  • 7 日本的「自然」について
  • 8 世界宗教について
  • 9 スピノザの「無限」
  • 10 政治、あるいは批評としての広告
  • 11 単独性と個別性について
  • 12 ファシズムの問題――ド・マン/ハイデガー/西田幾多郎
  • 13 ポストモダンにおける「主体」の問題
  • 14 固有名をめぐって
  • 15 安吾その可能性の中心

製品情報

製品名 言葉と悲劇
著者名 著:柄谷行人
発売日 1993年07月05日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-159081-6
判型 A6
ページ数 426ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’89年に第三文明社から刊行