危険ドラッグの基礎知識

講談社サイエンティフィク
キケンドラッグノキソチシキ
  • 電子あり
危険ドラッグの基礎知識
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

社会問題となっている危険ドラッグ。その正体について、薬学的観点を中心にわかりやすく解説。取り締まりの歴史や、種類・特徴、検出方法など、基礎的な関連知識も充実させた。薬剤師、看護師をはじめ、一般にも。

目次

  • Chapter1
  • 危険ドラッグとは
  • 1.1 さまざまな乱用薬物
  • 1.2 乱用薬物への法規制と危険ドラッグの登場
  • 1.3 危険ドラッグ流通の歴史
  • Chapter2
  • なぜ危険なのか? 薬物依存と脳
  • 2.1 脳神経系の基礎
  • 2.2 薬物依存と脳内で起こる変化
  • Chapter3
  • 危険ドラッグの種類  その作用機序から見た特徴
  • 3.1 マジックマッシュルーム
  • 3.2 トリプタミン系化合物
  • 3.3 フェネチルアミン系化合物
  • 3.4 ピペラジン系化合物
  • 3.5 合成カンナビノイド
  • 3.6 カチノン系化合物
  • 3.7 フェンサイクリジン、ケタミン類似薬物
  • Chapter4
  • 危険ドラッグの法規制と検出法
  • 4.1 近年の危険ドラッグの法規制 ──指定薬物と包括指定
  • 4.2 危険ドラッグをトラップする ──構造を解析する
  • 4.3 危険性を解析する1 ──中枢作用と薬物依存性の評価
  • 4.4 危険性を解析する2 ──毒性の評価
  • 4.5 薬物の存在を知る ──簡易検出方法の開発
  • 4.6 危険性を予測する ──培養細胞を利用する
  • 4.7 危険ドラッグ乱用防止に向けて
  • Chapter5
  • 薬物依存症に対する治療と乱用防止
  • 5.1 急性症状に対しての対応
  • 5.2 薬物依存症の治療
  • 5.3 社会的・心理的治療の実践
  • 5.4 薬物乱用防止教育に役立つ知識

製品情報

製品名 危険ドラッグの基礎知識
著者名 著:舩田 正彦
発売日 2016年10月22日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-156316-2
判型 A5
ページ数 144ページ
電子版製品名 危険ドラッグの基礎知識

著者紹介

著:舩田 正彦(フナダ マサヒコ)

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部・依存性薬物研究室 室長。

オンライン書店で見る