異常検知と変化検知

講談社サイエンティフィク
イジョウケンチトヘンカケンチ
  • 電子あり
異常検知と変化検知
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

企業所属の著者が、データ解析に携わる人の視点でまとめた。必要な理論を幅広く、体系的に述べる。大規模データから「珍しいパターン」を見出す、あるいは変化の「兆し」を素早くつかむ必要がある人なら必読。

【機械学習プロフェッショナルシリーズ】
本シリーズでは、発展著しい機械学習技術の数学的な基礎理論、実用的なアルゴリズム、それらの活用法を、全29巻にわたって刊行する。
ビッグデータ時代を牽引している若手・中堅の現役研究者が、入門的な内容から最先端の研究成果までをわかりやすく解説。
これからデータサイエンス分野で研究を始めようとしている大学生・大学院生、および、機械学習技術を基礎科学や産業に応用しようとしている研究者・技術者に向けた注目のシリーズである。


第2期として、以下の4点を同時刊行!

統計的学習理論   金森 敬文・著
サポートベクトルマシン  竹内 一郎/烏山 昌幸・著
確率的最適化        鈴木 大慈・著
異常検知と変化検知   井手 剛/杉山 将・著

第3期の刊行は2015年12月、第4期の刊行は2016年4月の予定。

【シリーズ編者】
杉山 将 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授

目次

  • 第1章 異常検知・変化検知の基本的な考え方
  • 第2章 ホテリングのT2法による異常検知
  • 第3章 単純ベイズ法による異常検知
  • 第4章 近傍法による異常検知
  • 第5章 混合分布モデルによる逐次更新型異常検知
  • 第6章 サポートベクトルデータ記述法による異常検知
  • 第7章 方向データの異常検知
  • 第8章 ガウス過程回帰による異常検知
  • 第9章 部分空間法による変化検知
  • 第10章 疎構造学習による異常検知
  • 第11章 密度比推定による異常検知
  • 第12章 密度比推定による変化検知

製品情報

製品名 異常検知と変化検知
著者名 著:井手 剛 著:杉山 将
発売日 2015年08月08日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-152908-3
判型 A5
ページ数 192ページ
電子版製品名 異常検知と変化検知
シリーズ 機械学習プロフェッショナルシリーズ

著者紹介

著:井手 剛(イデ ツヨシ)

IBM T. J. Watson Research Center Research Staff Manager

著:杉山 将(スギヤマ マサシ)

東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授

オンライン書店で見る