演劇入門

講談社現代新書
エンゲキニュウモン
  • 電子あり
演劇入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

若き天才が全て明かす「芝居作りの技術」。シェイクスピアはなぜ四世紀にわたって人気なのか? 日本で対話劇が成立しづらいのはなぜか?戯曲の構造、演技・演出の方法を平易に解説する画期的演劇入門書!

目次

  • ●「演劇のリアル」と「現実のリアル」
  •  リアルな台詞とは何か
  • ●戯曲を書く前に――場所・背景・問題
  •  演劇の起こる場所
  • ●対話を生むために――登場人物・プロット・エピソード・台詞
  •  台詞を書く
  • ●俳優は考えるコマである――戯曲・演出・俳優の関係
  •  コンテクスト
  •  演出家と俳優の関係
  • ●「参加する演劇」に向かって

製品情報

製品名 演劇入門
著者名 著:平田 オリザ
発売日 1998年10月20日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149422-0
判型 新書
ページ数 208ページ
電子版製品名 演劇入門
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る