安全保障入門

星海社新書
アンゼンホショウニュウモン
安全保障入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ、「教養としての安全保障」が必要なのか?
安全保障に関する議論には、政治的立場の違いによる対立がつきものです。そして、関連する事象が報じられるたびに、識者それぞれが異なる見解を表明している現状は、安全保障を一層わかりにくいものにしてしまっています。そこで本書では、それぞれの立場がいかなる論理で安全保障概念を形づくっているのかという基礎知識――いわば「教養としての安全保障」を提供したいと考えます。安全保障は「酸素」にたとえられます。つまり、機能している間はその存在を意識することはないものなのです。テロや武力紛争が相次ぎ、世界から「酸素」が失われつつある今だからこそ、「教養としての安全保障」を身につけることが必要なのではないでしょうか。

製品情報

製品名 安全保障入門
著者名 著:石動竜仁
発売日 2016年08月25日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-138595-5
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:石動竜仁(イスルギタツヒト)

軍事ブロガー
1983年、ニューヨーク生まれ。大学卒業後、IT系企業に勤めるかたわら、2008年に「dragoner」名義で軍事関連ブログを開設する。その後、2010年にTwitter(@dragoner_JP)を開始し、多くのフォロワーを持つ人気アカウントとなった。2013年から本格的にライターとしての活動を開始する。現在は、個人ブログ「dragoner.ねっと」(http://dragoner-jp.blogspot.jp/)だけでなく、「Yahoo!ニュース 個人」や「ジセダイ総研」などにも、軍事問題の時事解説を中心に寄稿している。本書が初の単著となる。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV