おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

講談社の絵本
オンミョウジオニノオッペケポー
作:夢枕獏 絵:大島妙子
  • 電子あり
おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

舞台は平安京――羅城門へ向かう牛車の前を歩くのは、まだ子どもの陰陽師・安倍晴明。そこへなにやらあやしい雲が近づいてくる。雲のなかからやってきたのは鬼のむれ、百鬼夜行だった。「ひとは おらぬか おっぺけぽー。いたら くっちゃえ くっぺけぽー」。どうしよう、このままではみんな鬼に食われてしまう。「しっ」。晴明は呪(しゅ)を唱えて結界をはり……。

目次

  • Start of Contest

製品情報

製品名 おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー
著者名 作:夢枕獏 絵:大島妙子
発売日 2015年04月16日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-133252-2
判型 AB
ページ数 32ページ
電子版製品名 おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

作:夢枕獏(ユメマクラバク)

1951年1月1日、神奈川県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒。1977年に作家デビュー。以後、「キマイラ」「サイコダイバー」:「闇狩り師」「餓狼伝」「陰陽師」などの数々の人気シリーズ作品を発表してきた。1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を、それぞれ受賞。2011年、2012年『大江戸釣客伝』が吉川英治文学賞、泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞を受賞し話題となる。

絵:大島妙子(オオシマタエコ)

1959年、東京都生まれ。出版社勤務ののち、絵本を描きはじめる。おもな作品に『ジローとぼく』(偕成社)、『たなかさんちのおひっこし』(あかね書房、『わらっちゃった』(小学館)、『ぼくもだっこ』(西條剛央/作)『最後のおさんぽ』(ともに、講談社)、『寓話 洞熊学校を卒業した三人』(宮沢賢治)/作 三木商行)、『母恋いくらげ』(柳家喬太郎/原作)『孝行手首』(ともに、理論社)などがある。

オンライン書店で見る