ダレ・ダレ・ダレダ

講談社の絵本
ダレダレダレダ
文:越野民雄 絵:高畠純
ダレ・ダレ・ダレダ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

みんな悩みはある。で、この悩み、ダレの?
月夜に美しく浮かび上がる動物たちのシルエット。さて、この動物たちはだれでしょう。ヒントはユーモラスな悩みごと。面白くて、アーティスティックな絵本です!

・作/越野民雄さんからのメッセージ
ゾウの鼻は、あんなに立派なのに、しっぽはなんであんなに小さいのだろう。
ずっとそう思っていました。
顔にくらべて、お尻は、冷たくされている。
この本は、そんな、ちょっとさびし気な動物たちの、後姿を通して、
オレって、ボクって、わたしって、ダレだとかたりかけてもらいました。
そして、そんな彼らのいろんな悩みを知ってもらえたらうれしいと思います。
そう、強いところだけでなく、目立つところだけでなく、弱いところも、知られてなかった気持ちもわかってあげられたら、ほんとのいいともだちに、なれるはず。

・絵/高畠純さんからのメッセージ
「今度は、オシリからにしてみましょう。」
文章の越野氏、編集のIさん、ぼくの3人で打ち合わせた結果である。
オシリからみた動物たちのシルエット、そこにはある意味省略された形があるのだが、それを表現するために、おっとどっこい、ぼくはしっかりと動物園に足を運んだ。スケッチをし、いくつも写真を撮り、そして観察。あるときは、アフリカゾウにりんごを与えるというチャンスにも出合えた。(ぼくが持ってる棒の先からりんごを取り去るゾウの力は心地よかった。)
ゾウの大きなオシリはしわいっぱい、シマウマの縞のオシリは美しい、長すぎるキリンの脚はいつのまにかオシリに変化、シロクマの意外に小さいポテッとしたシッポ……。オシリにも表情がある。
この絵本、それらを、ブルー、黄色、白と黒で表現する。そして越野氏のちゃめっけある文章がやんわりとユーモアをかもしだす。
どうぞこの絵本をみてください。色や言葉やイメージを感じてください。
そうそう、ページを追うごとに変わる月にも、ちょっと注目を。

【対象年齢:3歳から】

製品情報

製品名 ダレ・ダレ・ダレダ
著者名 文:越野民雄 絵:高畠純
発売日 2011年01月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-132449-7
判型 AB
ページ数 24ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV