いとしの犬 ハチ

講談社の絵本
イトシノイヌハチ
  • イベント
いとしの犬 ハチ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【内容紹介】
今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

【作者からのメッセージ】
23年ほど前、私は秋田県・大館のハチ公記念館を訪れました。
その時からハチの絵本を創りたいと願ってきました。
今回、念願が叶ってハチの絵本を創らせていただきました。

10年もの長い年月、雨の日も…風の日も…雪の日も…
まいにち、まいにち 渋谷駅で先生を待ち続けたハチ…。
先生とハチは「主人と忠犬」というより「大好きなともだち」、
だれも中に入れないほどの仲良しだったのではないでしょうか…。
ハチは先生が亡くなったことを知らずに、まいにち渋谷駅に
迎えに行ったのでしょうか…?
ハチはわかっていたのじゃないでしょうか…?
ハチは「先生といっしょに生きていく」道を選んだのだと私は思います。

最後まで愛し続けたハチ……その愛は今も続いているのです。

いもとようこ

【読み聞かせ:3歳から ひとり読み:小額低学年から】

製品情報

製品名 いとしの犬 ハチ
著者名 絵・作:いもと ようこ
発売日 2009年07月30日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-132407-7
判型 B12取
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス