特攻隊員の現実

著:一ノ瀬 俊也
定価 : 本体860円(税別)

生還の見込みのない体当たり兵器に乗り込んだ20代以下の若者たち。
「神」と讃えられた彼らは何を考え、亡くなっていったのか――。

「故郷へ一度帰りたかった」
「われもまた彼女を愛す。しかれども、わが未来はあまりに短し」
「我等は単に新聞を賑わす為に働くに非ず」
「戦果は誰が確認してくれるのだ」
「中緯どのは神様なのですから」
「人生二十何年を『体当り』するために生きて来たわけだ」
「特攻隊は各人の発意に依るものでなく命令だそうだ」
「私達がこれ程迄一所懸命にやっても、未だ飛行機が足りないのですか」
「科学の力は特攻も対抗し得ず」

特攻隊員の心情は?
軍上層部やメディアはなぜ特攻を進めたのか?
特攻隊員らによっておこなわれる戦争を、国民はどう見ていたのか?
前線、銃後の人びとの生の声から当時の日本人の心奥に分け入る一冊!

特攻隊員の現実

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る