雨の科学

著:武田 喬男
定価 : 本体960円(税別)

「雲から雨が降る」という、一見あたりまえの自然現象の仕組みと奥深さを探究した、気象学の入門書。
 なぜ雨は、滝のようにつながって落ちてこないのか。雨粒はどんな形をしているのか。小雨の雨粒と、大粒の雨粒は、どのくらい大きさが違うのか。雲粒と雨粒の境目はどこにあるのか。なぜ、雨が降りやすい雲と、降りにくい雲があるのか。水蒸気が凝結するための「雲粒の種」とは。自己増殖し、自己組織化して雨を降らせる、生物のような積乱雲の生涯とは――。
 傘とレインコートで日常的な雨対策をし、冬にも豪雪に見舞われる日本列島の降雨事情は、地球上でも特異なものだという。その地形的特質から、近年多発する集中豪雨のメカニズムとエルニーニョ現象、温暖化のカギを握る雲の種類、さらに、「人類の夢」である人工降雨や気象の人工調節の可能性まで、雲・雨・雪の研究に尽くした第一人者が、平易に解説する。北海道大学名誉教授・藤吉康志氏が巻末解説を執筆。〔原本:『雨の科学――雲をつかむ話』2005年5月、成山堂書店刊〕

〈目次〉
1 地球に降る雨のミクロな特徴
第1章 雨粒の形と大きさ
第2章 雨の強さと雨粒の大きさ分布
第3章 雨が降る雲、降らない雲
第4章 多くの雨は雪が融けたもの
第5章 雨の降り方は人間活動によって変わる
2 雲の組織化
第6章 積乱雲の生涯
第7章 生物のような積乱雲
第8章 集中する豪雨
第9章 人工衛星から観る雲の群
第10章 地形の働きによる降雨の強化と集中
3 雨の気候学
第11章 気候域と雨量
第12章 亜熱帯域の降雨
第13章 雨のテレコネクション
第14章 雨の経年変化
第15章 水惑星の水問題
解説            藤吉康志
索引

雨の科学

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る