徳富蘇峰 終戦後日記 (4)  『頑蘇夢物語』完結篇

著:徳富 蘇峰
定価 : 本体2,600円(税別)

2・1ゼネスト中止命令、日本国憲法施行など、昭和22年前半の記述を収録した完結篇。蘇峰は経済混乱のさなか、国鉄が電車を止め、新聞社、放送局までもがストに便乗して要求を押し通そうとする世情を厳しく批判。また戦争の敗因を分析し、昭和の人材不足が最大の原因と結論する。さらに「事総て志と違う予の人生」を振り返り、中庸の欠如と行き過ぎの通弊を抱えた日本を憂え、冷戦激化の国際情勢に警告を与えて筆をおいた。


マッカーサー元帥による2・1ゼネスト中止命令、日本国憲法の施行など、世相も戦前とは様変わりした昭和22年1月から約半年間の記述を収録した「頑蘇夢物語」の完結篇。
 蘇峰は、経済混乱に国民が苦しんでいるさなか、国鉄が電車を止めるうえに新聞社、放送局までもがストに便乗して要求を押し通そうとする世情を厳しく批判。また、「何故、日本は敗れたるか」と題して戦争の敗因を繰り返し分析し、結局、明治、大正期に比べて昭和の人材不足が最大の原因と結論する。
 さらに「百敗院泡沫頑蘇居士」と自らつけた「戒名」は、「事総て志と違う予の人生」を表したものとして生涯を振り返る一方、常に中庸の欠如と行き過ぎの通弊を抱えた日本の将来を憂え、にわかに冷戦激化の様相を帯びだした国際情勢に警告を与えて筆をおいた。

徳富蘇峰 終戦後日記 (4)  『頑蘇夢物語』完結篇

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。