「幽霊の足」既刊・関連作品一覧

幽霊の足

京都所司代から老中となった松平和泉守の甥、宗元寺隼人は生まれながら伊賀に狙われる宿命を背負う。京で松平家の家臣と許嫁になったという商家の娘が下屋敷を訪ねてきた。だがその家臣は以前、辻斬に遭って死んでいた。失意の娘は大川に身を投げる。だれがなぜ、松平家の家臣の名をたばかったのか。甲賀忍の小四郎、弥生、御用聞きの文蔵と調べにかかった隼人の前に立ちはだかる、死、謎、剣客、陰謀!