「数字と踊るエリ 娘の自閉症をこえて」既刊・関連作品一覧

数字と踊るエリ 娘の自閉症をこえて

娘の自閉症がわかった日、僕の運命は一変した―。

数字を偏愛し、奇妙な質問と造語をくりかえすエリ。
他人の感情を理解できず、小学校には適応できない。
でも僕と妻は、決してあきらめなかった。
自作の教科書で入学直前までくりかえした、学校生活のシミュレーション。
通学する娘に毎朝つきそい、自宅では毎日、深夜まで訓練用の教材を手作りする。
「この子はきっと、成長してくれる」―その思いだけが、僕たち家族の支えだった。

自閉症と言われた我が子が家族の力で驚異的な成長をとげるまでの9年間の記録。


【著者からのメッセージ】

この2年半、新著を出すことが出来ませんでした。ひたすら、『数字と踊るエリ』の原稿を書いては直し、また改稿するということを繰り返していました。書き始めたときには、「日本で初めての家庭療育成功記を書いてやる」という思い込みや意気込みがありました。しかし、書いてゆくうちに「これを実名で発表していいのだろうか?」と恐ろしくなりました。苦しんだあげく、こういう形になりました。
「はじめに」にも書きましたが、特定のアプローチの効用を宣伝しようという意図は僕には全くありません。ましてや、僕たちの選んだ道を正しい選択肢として提示しようなどとはさらさら思っていません。
 僕はただ、この本を、一つのケースとして、提示したいと思いました。だから、記録をたどりながら、事実をありのままに書くということに徹しました。
 これは、ある家族の苦闘の歴史です。自閉症に特別な関心をお持ちでない方にも是非手にしていただきたいと思いました。読みやすい構成にするために僕に可能な努力は尽くしたつもりです。
 本書が、この本を手にとって下さる方に、ご自分のご家族のあり方にまで思いを寄せるささやかなきっかけとしてお役に立てることを祈っています。