境界のポラリス

キョウカイノポラリス
境界のポラリス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恵子は中国生まれ日本育ちの高校生。母と、母が再婚した日本人の父と三人で暮らしている。ある日、バイト先のコンビニでマナーの悪い客にからまれているところを、大学院で中国文学を学ぶ幸太郎に助けてもらう。彼は、埼玉県川口市にある日本語教室「青葉自主夜間中学」で、外国人の子どもたちに日本語を教えてもいるらしい。興味を持った恵子は、この教室を訪れるのだが……。

わたしは日本人? それとも中国人? 自身のアイデンティティに悩む主人公と、日本社会に溶けこむため、懸命に日本語を学ぶ中国やベトナム出身の同世代の子どもたち。日本で暮らす困難を共有しながら、友情をはぐくんでいく彼女たちの姿を感動的に描く! 異文化交流の難しさと大切さを伝える、第61回講談社児童文学新人賞佳作入選作品。

製品情報

製品名 境界のポラリス
著者名 著:中島 空
発売日 2021年10月20日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-525761-6
判型 四六
ページ数 194ページ
初出 本書は、第61回講談社児童文学新人賞佳作受賞作に加筆・修正したものです。

著者紹介

著:中島 空(ナカシマ クウ)

中島空(なかしまくう)
1992年、埼玉県生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。出版社勤務。2020年、本作で第61回講談社児童文学新人賞佳作受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス