たんたん滝水 村の自然と生活

創文社オンデマンド叢書
タンタンタキミズ ムラノシゼントセイカツ
  • 電子のみ
たんたん滝水 村の自然と生活
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

民俗学者による、生活と自然との素朴な触れ合いから生れた言葉をすくいあげ、心暖まる山村の日々を独自な聞き書き文で描いた随筆

【目次より】
■春の日に張れるやなぎを採り持ちて
かんざくら
春木山 労働の一
かわらぼんぽん
彼岸味噌 食物の一
こぶし
だいしゃく
いずみどの
たんたん滝水 遊びと唄の一
やわら
つぶ と びんろうじ
みねば
女の行 産育の一
駒の雪 諺の一
■路の辺の草深ゆりの花咲みに
いちき
草刈り 労働の一
もちのき
つぶつぶ 食物の二
しろかのこ
やまぶし
はんがん
ひとりふたりさめのこ 遊びと唄の二
ふじっぱ
めめひず
ゆめなど 産育の二
ぴな
かないっちょ
きくらこくら
まりこの夕立 諺の二
■あしひきの山の木ぬれの保与とりて
さかさばら
かち荷など 労働の三
めっぱす
こふんぐりなど 食物の三
ひがんぎく
ねんじばち
てんじんさんのつばき
氷の垂木 色々な唄の一
ありばば
ねばな
あらおみたま 葬礼習俗
きり
からすのつぎき
乾の夕焼 諺の三
■すめ神の神の宮人ところづら
あわ
たつぼなど 労慟の四
やまどり
どや餅など 食物の四
きじんとり
ところ
かわおそ
ひゃくわっと 色々な唄の二
ほどんづる
とっぴ
こんにゃくバサ ほんとにあった話
かんがら
もろんど
笹棲に落つる涙 諺の四
あとがき
地名一覧

目次

  • ■春の日に張れるやなぎを採り持ちて
  • かんざくら
  • 春木山 労働の一
  • かわらぼんぽん
  • 彼岸味噌 食物の一
  • こぶし
  • だいしゃく
  • いずみどの
  • たんたん滝水 遊びと唄の一
  • やわら
  • つぶ と びんろうじ
  • みねば
  • 女の行 産育の一
  • 駒の雪 諺の一
  • ■路の辺の草深ゆりの花咲みに
  • いちき
  • 草刈り 労働の一
  • もちのき
  • つぶつぶ 食物の二
  • しろかのこ
  • やまぶし
  • はんがん
  • ひとりふたりさめのこ 遊びと唄の二
  • ふじっぱ
  • めめひず
  • ゆめなど 産育の二
  • ぴな
  • かないっちょ
  • きくらこくら
  • まりこの夕立 諺の二
  • ■あしひきの山の木ぬれの保与とりて
  • さかさばら
  • かち荷など 労働の三
  • めっぱす
  • こふんぐりなど 食物の三
  • ひがんぎく
  • ねんじばち
  • てんじんさんのつばき
  • 氷の垂木 色々な唄の一
  • ありばば
  • ねばな
  • あらおみたま 葬礼習俗
  • きり
  • からすのつぎき
  • 乾の夕焼 諺の三
  • ■すめ神の神の宮人ところづら
  • あわ
  • たつぼなど 労慟の四
  • やまどり
  • どや餅など 食物の四
  • きじんとり
  • ところ
  • かわおそ
  • ひゃくわっと 色々な唄の二
  • ほどんづる
  • とっぴ
  • こんにゃくバサ ほんとにあった話
  • かんがら
  • もろんど
  • 笹棲に落つる涙 諺の四
  • あとがき
  • 地名一覧

製品情報

製品名 たんたん滝水 村の自然と生活
著者名 著:宇都宮 貞子

著者紹介

著:宇都宮 貞子(ウツノミヤ サダコ)

1908~1992年。民俗学者、草花研究家、随筆家。旧制県立長野高等女学校卒。東京女子大学中退。
著書に、『草木覚書』『草木ノート』『山村の四季』『草木おぼえ書』『八重葎帖』『螢草抄』『草木の話 秋・冬』『草木の話 春・夏』『たんたん滝水 村の自然と生活』『雪の夜咄』『山にあそび野にあそぶ』『野山の十二カ月 (野外への扉)』『草木抄 四季』(熊田達夫写真)『植物と民俗』『冬の草木』『夏の草木』『秋の草木』『春の草木』『科の木帖』『私の草木誌』などがある。

オンライン書店で見る