近世江戸の都市法とその構造

創文社オンデマンド叢書
キンセイエドノトシホウトソノコウゾウ
  • 電子のみ
近世江戸の都市法とその構造
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 序章 先行研究の整理と本書の課題
  • 第一篇 江戸における都市法の構造
  • 第一章 近世江戸の都市法とその運用・施行に関する一試論 『類集撰要』(旧幕府引継書)巻七・巻八を素材として
  • 第一節 法の発給主体と都市法の運用
  • 第二節 「尋」「回答」と法令の実態調査
  • 第三節 町年寄・与力の機能と都市法の運用
  • 第四節 町役人間の「申合」とその都市法上の機能
  • 補論一 年番名主の「申合」とその基本的性格について
  • 一 定式町触と「申合」
  • 二 年番名主の「申合」の性格
  • 三 年番名主の「申合」の定式化とその継続性
  • 補論二 都市政策の展開と定式町触の内容の変遷 奉公人・人宿に関する「定式町触」を事例として
  • 一 正徳六年と享保九年の「定式町触」の内容
  • 二 享保十七年の「定式町触」の変化
  • 三 宝暦八年の「定式町触」とその後の変遷
  • 第二章 都市法における「尋」と「答」の目的とその機能 江戸の「地面」と「人別」の問題を分析対象として
  • 第一節 「地面(土地)」問題をめぐる町触と「尋」・「答」
  • 第二節 「人別」問題をめぐる町触と「尋」・「答」
  • 第二篇 都市政策の展開と都市法の整備
  • 第三章 近世中後期・江戸の「町火消」制度の変遷とその特色 特に町役人宛ての法令類を通じて
  • 第一節 享保期より天明期までの町火消制度の変遷
  • 第二節 天明期より寛政期前半の「町火消」制度の変化と定火消の機能の浮上
  • 第三節 寛政期後半以降の町火消制度
  • 第四章 「紛失物吟味」制度の変遷に見る「都市法」の成立
  • 第一節 質屋等の組合の結成と紛失物の「訴方」手続きの成立
  • 第二節 組合人数の確定と紛失物の「訴方」手続きの修正
  • 第三節 「紛失物吟味」制度のその後の展開
  • 第三篇 天保改革期の都市法の特色
  • 第五章 天保改革期の江戸における都市法の内容構成とその特質
  • 第一節 天保改革期の江戸の法 「触」と「申渡」の存在
  • 第二節 天保改革期における江戸の町方での法令の類制化
  • 第三節 京都における江戸「町触」の具体的内容
  • 補論三 「御触被仰渡目録」(「布告留」一)の記述内容と江戸における都市法の諸類型
  • 一 「目録」収載に際しての都市法の基準
  • 二 表に関しての問題点の存在
  • 三 「目録」の内容と都市法の諸類型
  • 第六章 天保改革期の江戸における都市法の構造とその運用
  • 第一節 天保改革期の江戸における都市法の構造
  • 第二節 天保改革期の江戸における都市法の運用の特色
  • 終章 近世中・後期の江戸における都市法の特質
  • 一 江戸の都市法の性格
  • 二 大坂、京都における事例との比較
  • 三 近世における都市法の特質
  • あとがき

製品情報

製品名 近世江戸の都市法とその構造
著者名 著:坂本 忠久

著者紹介

著:坂本 忠久(サカモト タダヒサ)

1959年生まれ。法制史学者。東北大学大学院法学研究科教授。早稲田大学法学部卒、金沢大学大学院修士課程修了、大阪大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。法学博士(東北大学)。専門は、日本近世の法制史。
著書に、『天保改革の法と政策』『近世後期都市政策の研究』『近世都市社会の「訴訟」と行政』『近世江戸の都市法とその構造』『藩法史料叢書 1 佐野藩』(編)などがある。

オンライン書店で見る