ニヒリズムの思索

創文社オンデマンド叢書
ニヒリズムノシサク
  • 電子のみ
ニヒリズムの思索
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 第一部 ニヒリズムの思索の境位に向けて
  • 第一章 ニヒリズムの問い方
  • 1 ニーチェのニヒリズムの思索 2 主観ー客観構造と実存 3 第四の歴史哲学的立場 4  「体験」と「実在の自覚」
  • 第二章 西谷啓治の空の立場
  • 1 ヨーロッパのニヒリズム・日本のニヒリズム 2 「空」の立場 3 パースペクティヴ主義と回互的相入 4 永遠の今即歴史的今、歴史的今即永遠の今 5 西谷の空の立場の意義
  • 第三章 ハイデッガーの始源への遡行
  • 1 ハイデッガーの歴史の思索 2 思索の歴史の始源 3 存在歴史の思想 4 存在歴史的思索 5 超克の否定 6 ハイデッガーの思索のもたらすもの
  • 第二部 始源的な思索に向けて
  • 第一章 大乗経典制作と解釈学
  • 1 大乗仏説非仏説論争の発生 2 真理と仏説 3 言葉と聖典制作 4 聖典と解釈 5 ガダマーの解釈学の視点から
  • 第二章 伝統を創出する視点
  • 1 伝統への視座 2 ガダマーの伝統の思想 3 宗教経験における伝統 4 釈尊における古道との同定 5 伝統とテクスト 6 伝統とニヒリズム
  • 第三章 死後の他界の観念
  • 1 文化の内に沈殿する宗教的観念 2 他の世界としての他界 3 霊魂の在所 4 方向としての他界 5 生存の外を指し示す方向 6 他界の表象
  • 第三部 自己の思索に向けて
  • 第一章 近代の自己の変容
  • 1 現代における「自己」の状況 2 キェルケゴールの「内面性」 3 罪の主体としての自己 4 無に面した自己 5 世界からの自己の理解
  • 第二章 世界像とリアリティ
  • 1 科学的世界像と神話的世界像 2 世界像と科学 3 現代技術と世界像の解体 4 世界のリアリティ 5 ヴァーチャル・リアリティ
  • 第三章 布施と供犠
  • 1 ヴェッサンタラ太子本生話 2 布施と所有 3 贈与と布施 4 アプラハムとイサクの物語 5 布施における「私」の成立
  • あとがき

製品情報

製品名 ニヒリズムの思索
著者名 著:氣多 雅子

著者紹介

著:氣多 雅子(ケタ マサコ)

1953年生まれ。宗教学者、哲学者。京都大学名誉教授。専門は宗教哲学。博士(文学)。
京都大学文学部哲学科 卒業
著書に、『宗教経験の哲学』『ニヒリズムの思索』『西田幾多郎『善の研究』 (哲学書概説シリーズ) 』『西田幾多郎 生成する論理 生死をめぐる哲学』などがある。

オンライン書店で見る