オランダ商館長が見た 江戸の災害

講談社現代新書
オランダショウカンチョウガミタエドノサイガイ
  • 電子あり
オランダ商館長が見た 江戸の災害
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ハーグ国立文書館に埋もれていた記録は何を語るか?
地震や火事の向こうに日本社会が見えてくる!

明暦の大火、元禄地震、雲仙・普賢岳の噴火、京都天明の大火……
平成、令和の時代と同じように災害の多かった江戸時代。
人びとはいかに災害を生き抜いたのか?
被災直後の江戸城内での将軍への謁見、町で復興に励む市井の人びとなど。
歴代のオランダ商館長の克明な記録をもとに、
災害列島を生きる日本人の姿に迫る。

江戸に火事が多い理由、短時間で復興する仕組み、日本人の自由など、
磯田道史氏による本文解説付き!

製品情報

製品名 オランダ商館長が見た 江戸の災害
著者名 著:フレデリック・クレインス 解説:磯田 道史
発売日 2019年12月11日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-518179-9
通巻番号 2556
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:フレデリック・クレインス(フレデリック・クレインス)

1970年、ベルギー生まれ。国際日本文化研究センター准教授。専門は日欧交流史。著書に『江戸時代における機械論的身体観の変容』『十七世紀のオランダ人が見た日本』(以上、臨川書店)、編著に『日蘭関係史をよみとく(下)』(臨川書店)、共著に『戦乱と民衆』(講談社現代新書)などがある。

解説:磯田 道史(イソダ ミチフミ)

1970年、岡山県生まれ。国際日本文化研究センター准教授。専門は日本近世・近代史、社会経済史。著書に『武士の家計簿』(新潮新書)、『天災から日本史を読みなおす』『日本史の内幕』(以上、中公新書)、『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』(NHK出版新書)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る