近代ヨーロッパへの道

講談社学術文庫
キンダイヨーロッパヘノミチ
  • 電子あり
近代ヨーロッパへの道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ルネサンス、宗教改革を経て、市民社会の形成へ。それは中世以来、引き継がれてきたものと、近代的な要素とが複雑に絡み合い、そこから新たなものが生まれ成長してゆく“複雑にして多面的な運動”だった。新大陸発見から産業革命前夜にかけて、近代社会の形成に向かうヨーロッパの姿を再現、絶対王政の栄華の陰で苦しむ庶民の姿までもいきいきと描く。(講談社学術文庫)


ルネサンス、大航海時代、宗教改革を経て、市民社会の形成へ――
「世界史」を形成してゆく複雑にして多面的な発展

ルネサンス、宗教改革を経て、市民社会の形成へ。それは中世以来、引き継がれてきたものと、近代的な要素とが複雑に絡み合い、そこから新たなものが生まれ成長してゆく“複雑にして多面的な運動”だった。新大陸発見から産業革命前夜にかけて、近代社会の形成に向かうヨーロッパの姿を再現、絶対王政の栄華の陰で苦しむ庶民の姿までもいきいきと描く。

目次

  • 第一章 中世的世界の崩壊
  • 第二章 アルプスの北と南
  • 第三章 国家のなかの教会
  • 第四章 暴君をたおせ
  • 第五章 転換期としての十七世紀
  • 第六章 議会の国・王権の国
  • 第七章 戦争と租税、そして民衆
  • 第八章 人民によらぬ人民のための統治
  • 第九章 市民社会の成長

製品情報

製品名 近代ヨーロッパへの道
著者名 著:成瀬 治
発売日 2011年04月13日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-292045-2
通巻番号 2045
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1978年、小社より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る