電力改革―エネルギー政策の歴史的大転換

講談社現代新書
デンリョクカイカクエネルギーセイサクノレキシテキダイテンカン
電力改革―エネルギー政策の歴史的大転換
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

エネルギー産業史研究の第一人者が、福島第一原発事故後の現実を踏まえながら、総合性に富んだ「これからのエネルギー政策」の最適解を提案。
日本は電力の約3割を原子力に依存してきた。原子力発電を今後どのようにすべきなのかは、長年論議が繰り返されてきた、そしてフクシマ事故が起きた。
エネルギー問題は、政府の総合資源エネルギー調査会などでも、需要の伸張に応じていかに供給するかという量的充足の視点でのみ論じられてきた。しかしエネルギーの選択は、どのような社会設計をするかという論点でもある。
著者は再生可能エネルギーの技術革新の推進を提言。
世界の発電の主流を占めるのは石炭火力であり、その状況は当面変化しない。日本の石炭火力の熱効率は世界最高水準であり、その技術を国際移転すれば、すぐにでもCO2排出量を大幅に削減できる、など地球温暖化対策にも具体的に提言。
今後の展望と現実の問題点を明らかにしつつ、エネルギー政策を再構築する。「原発反対派」か「原発推進派」かという不毛な対立を乗り越えて、原発問題を日本に問う。
著者の橘川氏は原発は「必要悪」ととらえている。そうした認識に基づき、最悪のシナリオ「東日本大震災→東京電力・福島第一原子力発電所の事故→定期検査中の原発のドミノ倒し的運転中止→電力供給の不安の高まり→高負荷価値工場の海外移転→産業空洞化による日本経済沈没」を避けるため、提言は示唆に富んでいる。

目次

  • 第1章 リアルでポジティブな原発のたたみ方
  • 第2章 電力産業体制の改革
  • 第3章 電力供給構造の改革
  • 第4章 電力需要構造の改革
  • 第5章 原子力政策の改革
  • 第6章 震災被災地・釜石と原発銀座・嶺南からの視点
  • 第7章 求められるビジネスモデルの転換

製品情報

製品名 電力改革―エネルギー政策の歴史的大転換
著者名 著:橘川 武郎
発売日 2012年02月17日
価格 定価:836円(本体760円)
ISBN 978-4-06-288145-6
通巻番号 2145
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス