ポレポレ日記 わたしの居場所

青い鳥文庫
ポレポレダイアリーワタシノイバショ
  • 電子あり
  • イベント
ポレポレ日記 わたしの居場所
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 車のブレーキの音。わたしをよぶ、蓮先輩の声――気がついたら、ベッドの上にいた。わたし、朝比奈柚は、流星学園中等部のダンス部一年生。大会の帰り道、交通事故にあってしまったんだ……。しかも、衝撃の事実を知った。「いつもがんばる柚」は、もういない。がんばれないわたしに、居場所はないんだ。葵ちゃんや桃ちゃんの励ましにも、素直になれなくて。<小学上級から・すべての漢字にふりがなつき>


車のブレーキの音。わたしをよぶ、蓮先輩の声――気がついたら、ベッドの上にいた。わたし、朝比奈柚は、流星学園中等部のダンス部一年生。大会の帰り道、交通事故にあってしまったんだ……。しかも、衝撃の事実を知った。「いつもがんばる柚」は、もういない。蓮先輩との唯一の絆も失ってしまった。がんばれないわたしに、居場所はないんだ。葵ちゃんや桃ちゃんの励ましにも、素直になれなくて。

<小学上級から・すべての漢字にふりがなつき>

目次

  • おもな登場人物
  • これまでのお話
  • 1 絶対安静
  • 2 祈り
  • 3 リハビリ
  • 4 わたしの友だち
  • 5 川辺の散歩
  • 6 泣き笑い
  • 7 きずついたつばさ
  • 8 卒業
  • 9 わたしの空
  • 10 プレゼント
  • チッチとカイト
  • あとがき

製品情報

製品名 ポレポレ日記 わたしの居場所
著者名 作:倉橋 燿子 絵:堀泉 インコ
発売日 2016年11月11日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285586-0
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:倉橋 燿子(クラハシ ヨウコ)

倉橋燿子(作家)
 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。出版社勤務、フリー編集者、コピーライター を経て、作家デビュー。講談社X文庫『風を道しるべに……』等で大人気を博した。
その後、児童読み物に重心を移す。主な作品に、『いちご』(全5巻)、『青い天使』(全9巻)、『ドリームファーム物語 ペガサスの翼』(全3巻)、『月が眠る家』(全5巻) 『パセリ伝説』(全12巻)『パセリ伝説外伝 守り石の予言』「ラ・メール星物語」シリーズ、「魔女の診療所」シリーズ、「ドジ魔女ヒアリ」シリーズ(以上、すべて青い鳥文庫/講談社)、『風の天使』(ポプラ社)などがある。

絵:堀泉 インコ(ホリイズミ インコ)

堀泉インコ(漫画家・イラストレーター)
 新潟県生まれ。独学で描き続けていたイラストが編集者の目にとまり、絵の仕事の道へ。漫画の主な作品に「愛しの花凛」(芳文社)、さし絵の主な作品に「電子魔法使いのトロニカ。」(電撃文庫)、「VOiCE」(ビーズログ文庫)ほか。

お知らせ・ニュース

イベント
青い鳥文庫40周年を記念して、GraffArt CAFEとのコラボが決定!
大人気7作品からグッズが登場します♪
カフェ店内には、らくがき風に描かれたグラフアートやミニキャラのグッズ、本のオリジナルイラストのグッズが!
グッズをゲットして、一緒に40周年をお祝いしましょう☆

◆期間:2020年11月11日(水)~11月30日(月)
◆場所:Graffart CAFE in 池袋 (東京都豊島区南池袋1-9-21 JK7 1階)

※詳細は、リンク先の開催店のホームページでご確認ください。
更新情報
【動画】著者・倉橋燿子インタビュー 児童書をなめてる大人に読んでほしい青い鳥文庫!?
倉橋燿子さんの新刊『夜カフェ(2)』 (講談社青い鳥文庫)が1月10日に発売された。本作は、ぶつかり合いながらも成長していく、女子中学生の友情の物語。中1の黒沢花美は、カフェを営む叔母の家で暮らしている。あることがきっかけで、クラスのいじめがエスカレート。しかも、ただひとりの友だち・ティナちゃんとぎくしゃくしてしまう。さらには、ティナちゃん、高1のヤマトくんとはじめた「夜カフェ」に、急に来なくなった子がいて……。小学上級・中学から楽しめる児童書でありながら、大人も心をぐっと掴まれる青春が濃縮された1冊である。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る