「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ

講談社+α文庫
アタエルヨリヒキダスユダヤシキテンサイキョウイクノレシピ
  • 電子あり
「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ、ユダヤ人生徒はいつも1番なのか? 日本人女性がユダヤ人の夫と結婚してわかったこと。環境が天才をつくる。頭脳を使って活躍する子に育てる7つの方法。アインシュタインも、こうやって育った! ※本作品は2006年3月、インデックス・コミュニケーションズより刊行された『ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ』を文庫化にあたり改題し、加筆訂正しました。


子供に本でいっぱいの本棚を見せよう

●とにかく子供を観察しよう
●見せて、体験させて、感動させよう
●3つの「魔法の言葉」をかけよう
●子供への信頼を示そう
●時期が来たら、親離れさせよう

アメリカでは、ユダヤ人の生徒はほとんど全員がトップクラス。そうでなければ天才肌。そんな子供に育てる秘訣は、たった7つのレシピでした。長い迫害の歴史を生きてきたユダヤ人は、財産よりも名誉よりも、持ち運びできる頭脳を重視します。親が子供に与えられるのは教育だけ、と独自の家庭教育方法が受け継がれてきました。自ら生きがいを見つけるから、絶対にニートになることはない。アインシュタインも、こうやって育ったのです。

※本作品は2006年3月、インデックス・コミュニケーションズより刊行された『ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ』を文庫化にあたり改題し、加筆訂正しました。

目次

  •  はじめに ユダヤ人が我が家にやってきた!
  •  プロローグ 「ユダヤ人の生徒は、なんでいつもトップクラスなの?」
  • 第1章 子供の「天才」を引き出そう!
  •  「ユダヤ人伝説」は誤解がいっぱい
  •  アタマが一番の財産。持ち運びも簡単!
  •  優秀なのは遺伝のせい? 答えは「NO」!
  •  ユダヤ式「引き出す」教育法=エデュカーレ
  •  ユダヤ式「親バカ」のススメ
  • 第2章 ユダヤ人が語った「天才」教育のレシピ
  •  レシピに共通するテーマは「信頼」
  •  ユダヤ式「天才」教育、七つのレシピ
  •  [レシピ1]本をあげよう! 本でいっぱいの本棚を見せよう!
  •  [レシピ2]子供を観察しよう!
  •  [レシピ3]見せる、体験させる、感動させる!
  •  [レシピ4]子供をのびのび、優秀に育てる三つの言葉
  •        「どう思う?」「よく思いついたね!」「いっしょに答えを探そう」
  •  [レシピ5]言葉と態度で「信じてるよ」を示そう!
  •  [レシピ6]「あなたがボス」であることを忘れずに!
  •  [レシピ7]時期が来たら、親離れさせよう!
  •  このレシピが日本でも有効なワケ
  • 第3章 子供が発する危険信号と「六つの特性」
  •  子供が発する一〇の危険信号、親が犯す一〇の間違い
  •  頭の良い子が持つ「六つの特性」
  •  いつから始めて、いつ終わるのか
  •  「レシピはムリ」「レシピはムダ」と思った方へ
  • 第4章 「天才」教育が伝えるもの
  •  五人の「天才」が受けてきた教育
  •  ◎アラン・ヒーガー(ノーベル化学賞受賞者)
  •  ◎アンドレア・ゴールドスミス(電子工学への女性進出のパイオニア)
  •  ◎オーラ・フィッシャー(巨大弁護士事務所トップ・パートナー)
  •  ◎デイヴィッド・グリーン(途上国支援NPOの活動家)
  •  ◎ミルドレッド・ドレッセルハウス(米国の「至宝」物理学者)
  •  エピローグ 子供に、世界にひとつだけのハッピーを与えよう
  •  おわりに ご縁と感謝をこめて

製品情報

製品名 「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ
著者名 著:アンドリュー.J・サター 著:ユキコ・サター
発売日 2010年09月22日
価格 定価 : 本体670円(税別)
ISBN 978-4-06-281386-0
判型 A6変型
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2006年3月、インデックス・コミュニケーションズより刊行された「ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ」を文庫化にあたり改題し、加筆訂正した。

オンライン書店で見る