にぎやかな天地(下)

講談社文庫
ニギヤカナテンチゲ
  • 電子あり
にぎやかな天地(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

聖司が生まれる前に父親が亡くなり、仕事を再開した母親に代わって彼を育てた祖母が生前遺した「ヒコイチ」という言葉がきっかけで大前美佐緒という女性を知り、聖司は道ならぬ恋心を抱く。一方、父親の死にも思わぬ真相が……。発酵という営みに人の生死や結びつきを重ね合わせ、命の根源に迫る長編小説。(2012年6月、講談社文庫として刊行)


日本の伝統食はこんなに奥が深い。
熟鮓(なれずし)、醤油、鰹節……発酵という営みから「命」の根源を照らし出す傑作長編

聖司が生まれる前に父親が亡くなり、仕事を再開した母親に代わって彼を育てた祖母が生前遺した、「ヒコイチ」という言葉がきっかけで大前美佐緒という女性を知り、聖司は道ならぬ恋心を抱く。一方、父親の死にも思わぬ真相が……。発酵という営みに人の生死や結びつきを重ね合わせ、「命」の根源に迫る長編小説。

※本書は、2008年4月に中公文庫より刊行されたものです。

製品情報

製品名 にぎやかな天地(下)
著者名 著:宮本 輝
発売日 2012年06月15日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-277290-7
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年4月に中公文庫より刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る