三国志 曹操伝(上) 落暉の洛陽

講談社文庫
サンゴクシソウソウデンジョウラッキノラクヨウ
  • 電子あり
三国志 曹操伝(上) 落暉の洛陽
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幼い皇帝を巡り、宦官(かんがん)と外戚が熾烈(しれつ)な権力争いを繰り広げていた後漢末の中国。後宮では巫蠱(ふこ)という呪術が流行し、民衆の間では新興宗教・太平道がのさばり始めていた。混乱の都・洛陽を掌握したのは、冷酷な将軍・董卓(とうたく)。青年・曹操(そうそう)は、この乱世を虎視眈々と見つめながら、「姦雄」として歩み出そうとしていた。


風前の灯火であった後漢朝。
青年・曹操が、「乱世の姦雄(かんゆう)」として歩み出す!

幼い皇帝を巡り、宦官(かんがん)と外戚が熾烈(しれつ)な権力争いを繰り広げていた後漢末の中国。後宮では巫蠱(ふこ)という呪術が流行し、民衆の間では新興宗教・太平道がのさばり始めていた。混乱の都・洛陽を掌握したのは、冷酷な将軍・董卓(とうたく)。青年・曹操(そうそう)は、この乱世を虎視眈々と見つめながら、「姦雄」として歩み出そうとしていた。

※本書は、2007年11月に、コーエーより単行本として刊行されたものです。

目次

  • 第一章 黄  一七四年
  • 第二章 外戚  一七四年
  • 第三章 姦雄相  一七四年
  • 第四章 孝廉洛陽  一七五年─一七六年
  • 第五章 渤海王巫蠱  一七六年─一七八年
  • 第六章 何一族の劉弁  一七八年─一八一年
  • 第七章 黄巾の乱鎮圧軍  一八一年─一八四年
  • 第八章 反乱余震廃位暗殺  一八四年─一八六年
  • 第九章 牧一人と西園八校尉  一八七年─一八九年
  • 第十章 霊帝崩御と劉弁対劉協  一八九年─一九〇年
  • 第十一章 呂布来て董卓の長安遷都  一九〇年─一九二年

製品情報

製品名 三国志 曹操伝(上) 落暉の洛陽
著者名 著:塚本 青史
発売日 2011年02月15日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-276884-9
判型 A6
ページ数 552ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年11月に、コーエーより単行本として刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る