新装版 虚構の城

講談社文庫
シンソウバンキョコウノシロ
  • 電子あり
新装版 虚構の城
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大手石油会社に勤める若手エンジニアの田崎健治は、公害問題を解決する画期的な技術を開発し、将来を嘱望されていた。しかし、些細なきっかけで同期に裏切られ、畑違いの通産省担当に左遷されてしまう。経済成長期の花形産業に渦巻く欲望に翻弄されるエリートの栄光と挫折を描いた、記念すべきデビュー作。(講談社文庫)


大手石油会社に勤める若手エンジニアの田崎健治は、公害問題を解決する画期的な技術を開発し、将来を嘱望されていた。
しかし、些細なきっかけで同期に裏切られ、畑違いの通産省担当に左遷されてしまう。
経済成長期の花形産業に渦巻く欲望に翻弄されるエリートの栄光と挫折を描いた、記念すべきデビュー作。

目次

  • 第一章 左遷人事
  • 第二章 癒着の構造
  • 第三章 二人のマサコ
  • 第四章 情 事
  • 第五章 引き抜き工作
  • 第六章 決 心
  • 第七章 妻の過去
  • 第八章 「依願転職」
  • 第九章 崩壊感覚

製品情報

製品名 新装版 虚構の城
著者名 著:高杉 良
発売日 2010年01月15日
価格 定価:869円(本体790円)
ISBN 978-4-06-276554-1
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1981年11月に講談社文庫より刊行された「虚構の城」を改訂し文字を大きくしたもの。

著者紹介

著:高杉 良(タカスギ リョウ)

1939年東京都生まれ。専門誌記者・編集長を経て、'75年『虚構の城』でデビュー。以後、企業小説・経済小説を次々に発表する。著書に、『あざやかな退任』『生命燃ゆ』『小説 日本興業銀行』『辞令』『勇気凛々』『首魁の宴』『濁流』『青年社長』『銀行大統合 小説みずほFG(フィナンシャルグループ)』『不撓不屈』『乱気流 小説・巨大経済新聞』『迷走人事』『市場原理主義が世界を滅ぼす!』『暗愚なる覇者 小説・巨大生保』など。また、『高杉良経済小説全集』(全15巻)も刊行されている。近刊に『消失 金融腐蝕列島〔完結編〕』『挑戦 巨大外資』『反乱する管理職』『罪深き新自由主義』(佐高信氏との共著)がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る