黙秘

講談社文庫
モクヒ
  • 電子あり
黙秘
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

釧館ユニバーサルホテルで起きた殺人事件。犯人の女は、自ら「人を刺しました。救急車をお願いします」とフロントに電話をかけてきた。駆けつけたホテルマンは、絶命した男性を発見する。警察に連行された女は、札幌に住む主婦であった。住所・氏名を明かしたのち、黙秘を貫く被疑者は、なにを守ろうとしているのか。彼女を殺人罪で起訴した検事・森島が、真相に迫る。法廷を舞台にした傑作ミステリ。(講談社文庫)


北海道のホテルの一室で、男を刺した女性は、氏名と住所を明かしたのち堅く口を閉ざした。殺されたのは有名な精神科医だった。犯人の女性が、どうしても護りたかった秘密とは。彼女を殺人罪で起訴した検事の森島(もりしま)は、その扉をこじ開けようとするのだが!? 法廷ミステリーの白眉!(『Pの迷宮』加筆・改題)

目次

  • 序章 事 件
  • 第一部 一九九六年
  • 発 作
  • 家 族
  • 勇 気
  • 宣 告
  • 第二部 沈黙の殺人者
  • 依 頼
  • 公 判
  • 病 因
  • 留 学
  • 再 会
  • 第三部 正常と異常
  • 証 言
  • 葛 藤
  • 殺 意
  • 終章 判 決

製品情報

製品名 黙秘
著者名 著:深谷 忠記
発売日 2009年07月15日
価格 定価:1,068円(本体971円)
ISBN 978-4-06-276414-8
判型 A6
ページ数 672ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年9月に角川書店より刊行された「Pの迷宮」を講談社文庫収録にあたり加筆、改題したもの。

著者紹介

著:深谷 忠記(フカヤ タダキ)

1943年東京生まれ。東京大学理学部卒業。'82年『ハーメルンの笛を聴け』が江戸川乱歩賞の最終候補に、'85年『殺人ウイルスを追え』がサントリーミステリー大賞の佳作入選。緻密な構成と論理に支えられた謎解き、善と悪の間で揺れる濃密な人間ドラマを追及している。『多摩湖・洞爺湖殺人ライン』など“壮&美緒″シリーズをはじめ、『自白の風景』『目撃』『審判』『悲劇もしくは喜劇』など法廷ミステリーの読み応えにも定評がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る