プラネタリウムのふたご

講談社文庫
プラネタリウムノフタゴ
  • 電子あり
プラネタリウムのふたご
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。――星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは? こころの救済と絶望を巧まず描いた長編小説。(講談社文庫)


だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。――星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは? こころの救済と絶望を巧まず描いた長編小説。

目次

  • 第一章 彗星の名前
  • 第二章 テオ一座
  • 第三章 六本目の指
  • 第四章 まぼろしの熊
  • 第五章 栓ぬき
  • 第六章 光のかけら

製品情報

製品名 プラネタリウムのふたご
著者名 著:いしい しんじ
発売日 2006年10月13日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-275525-2
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’03年4月小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る