疑惑 半次捕物控

講談社文庫
ギワクハンジトリモノヒカエ
  • 電子あり
疑惑 半次捕物控
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

金の匂いを嗅ぎつけ、半次につきまとう疫病神の蟋蟀(こおろぎ)小三郎。御奉行にも眼をつけられるが、半次の女房・志摩だけは小三郎に優しい。その志摩が家を出ていった。自分を捨て小三郎に乗り換えたのか、と半次はふさぎこむ。そんななか、小三郎が侍を斬り殺す大事件を起こす。痛快捕物帳の人気シリーズ第4作。(講談社文庫)


厄介事も疫病神も、半次のもとにやってくる人気シリーズ第四弾。侍三人が拝領屋敷にたてこもった事件で、半次に白羽の矢が立った。金欠の疫病神、蟋蟀小三郎につきまとわれるなか、半次は解決できるのか。

目次

  • 第一話 芭蕉が取り持つ復縁
  • 第二話 疑惑
  • 第三話 小三郎のいつもの手
  • 第四話 迷子札を見る女
  • 第五話 浜御殿沖慮外法外の報い
  • 第六話 小三郎の放心
  • 第七話 働き者の女なかの悩み
  • 第八話 一難去ってまた一難

製品情報

製品名 疑惑 半次捕物控
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2006年01月13日
価格 定価:692円(本体629円)
ISBN 978-4-06-275293-0
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’03年1月、小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る