江戸川乱歩賞全集(14)黄金流砂 焦茶色のパステル

講談社文庫
エドガワランポショウゼンシュウ14ナカツフミヒコ/オカジマフタリオウゴンリュウサ/コゲチャイロノパステル
江戸川乱歩賞全集(14)黄金流砂 焦茶色のパステル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中津さんの題材に「やられた」、岡嶋さんの馬力には感嘆――辻真先(巻末エッセイより)

義経北行説にからむ謎の古文書に、歴史学者殺人事件の鍵が?
解読不能の古代文学と格闘する新米記者。
暗号推理の興奮も満喫できる傑作。――『黄金流砂』

東北の牧場で牧場長と競馬評論家が殺され、サラブレッドの母子も撃たれた。
背後に、競馬界を揺るがす陰謀が!?
共作作家の登場。――『焦げ茶色のパステル』

製品情報

製品名 江戸川乱歩賞全集(14)黄金流砂 焦茶色のパステル
著者名 著:中津 文彦 著:岡嶋 二人 編:日本推理作家協会
発売日 2002年09月13日
価格 定価 : 本体1,190円(税別)
ISBN 978-4-06-273531-5
判型 A6
ページ数 832ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 収録作品参照

書店在庫を見る