「準」ひきこ森

講談社+α新書
ジュンヒキコモリ
  • 電子あり
「準」ひきこ森
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

授業には出る、バイトもせず、女の子と遊びまわるわけでもない。こんな親を安心させる息子は友達が誰もいない。キモクて孤独な、何かが決定的に欠けている人々! 私の「準ひきこもり」に対するイメージは「準ひきこ森」である。誰もいない森の中で膝を抱えて座っている孤独な青年。孤独地獄の中で、それでも誰かを待っている孤独な人。


ネット騒然!! コミュニケーション不全の新理論!
親も教師も気づいたときはもう遅い!
授業に出る、バイトも女遊びもしないけど、決定的に何かが欠けている人々。これってオレのこと……?

とにかく、どんなに励まそうと、焚きつけようと、彼はただその場を取りつくろうだけで、絶対に就職活動を行おうとはしなかった。それは極めて強い拒絶であった。そんなある時、突然私は次のことをひらめいたのである。「就職活動などできるわけがない。実は彼はひきこもりなのだ」。大学にはきちんと来ており、単位もしっかり取れているので、彼は大学生活に適応していると思い込んでいたのであるが、大学という誰とも関わらずに過ごしていける環境の中で、偽りの適応を示していただけのことで、ライフスタイルの本質はひきこもりと何ら変わりはないのだ。つまり彼は、「準ひきこもり」なのだ。ところで私の「準ひきこもり」に対するイメージは「準ひきこ森」である。誰もいない森の中で膝を抱えて座っている孤独な青年。孤独地獄の中で、それでも誰かを待っている孤独な人。

●準ひきこもりの発見
●まじめで夜遊びもしない優秀な子
●自宅と大学を往復するだけ
●人との距離が測れない
●かぐや姫症候群
●なぜわが子だけがそうなのか
●常識不足な態度と無神経さ
●準ひきこもりの皆さんへ
●「いつかやる」なら今やれ
●自分で自分の独房を打ち破れ

目次

  • 第一章 準ひきこもりの発見
  •  準ひきこもりの詩(I)
  •  まじめで夜遊びもしない優秀な子
  •  準ひきこもりとの出会い
  •  大学はコンビニや映画館と同じ
  •  人間関係能力の「落ちこぼれ」
  •  準ひきこもり発見の意義
  •  他者との交流ができない人たち
  •  ひきこもり、ステューデント・アパシーとの違い
  •  典型的な準ひきこもり学生の生活
  •  いつも仲間はずれだった
  •  タネはずっと前から蒔かれていた
  •  自宅と大学を往復するだけ
  •  他
  • 第二章 準ひきこもり学生とはどんな人たちか
  •  準ひきこもりの詩(II)
  •  まず認識することから
  •  性格・行動的側面
  •  学習の側面(知的側面)
  •  人間関係の側面(社会的側面)
  •  アルバイトもできない
  •  適応力がなく敵が増える一方
  •  女性にもてず、友だちもいない
  •  他
  • 第三章 準ひきこもりの事例研究──病める魂の漂流
  •  準ひきこもりの詩(III)
  •  社会的スキルの指導は可能か
  •  B君(大学二年生・二〇歳・男子)
  •  B君との出会い
  •  会話が成立しない
  •  大学に電話するのが「大変な苦労」
  •  他
  • 第四章 準ひきこもりの人々の内面
  •  準ひきこもりの詩(IV)
  •  日常の心象風景
  •  妄想にかられる日々
  •  もの集めにかける心理
  •  恋する準ひきこもり
  •  欲望の準ひきこもり
  •  枯れかけのしおれた植物
  •  毎日何と闘っているのか
  •  他
  • 第五章 かぐや姫症候群
  •  かぐや姫との共通点
  •  『竹取物語』について
  •  かぐや姫の成長過程
  •  社会の呼びかけ
  •  親の嘆き、懇願
  •  無理難題でごまかす
  •  最後通牒にも拒絶反応
  •  親も言うことをきかせられない
  •  親が厳しくなりきれない
  •  他
  • 第六章 今後の課題
  •  準ひきこもりの詩(V)
  •  どのくらい存在するのか
  •  他
  • 終わりに──準ひきこもりのみなさんへ
  •  実は私こそが……
  •  どうやって脱け出せたのか
  •  外見は人との交流の糸口である
  •  「いつかやる」なら今やれ
  •  人との交わり方を変える
  •  他

製品情報

製品名 「準」ひきこ森
著者名 著:樋口 康彦
発売日 2006年10月21日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-272405-0
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る