安岡正篤 人生を拓く

講談社+α新書
ヤスオカマサヒロジンセイヲヒラク
  • 電子あり
安岡正篤 人生を拓く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

先賢の智慧と名言!!
歴代の宰相が争って師事した巨人!!
吉田茂をはじめとする8人の宰相の指南役を務め、政・財・官の指導者教育に力を注ぎ、古今東西の聖賢の智慧と人倫の道をわかりやすく説いた、安岡正篤の帝王学と思想!!

安岡の本が読まれるのは、歴代宰相の指南役だったからか。あるいは、財界の大物がこぞって帝王学を学んだというからか。または、和漢の古典の解釈が、読者に知的満足を与えるからなのか。私はいずれも正鵠(せいこく)を得ていないと思う。バブル経済によって浮かれ立ち、酔生夢死(すいせいむし)のような人生を送っていることに気付かなかった日本人が、バブル崩壊以後の10年を超す平成不況で、塗炭(とたん)の苦しみを得て初めて、調子に乗り過ぎて、大切な人倫の道をも踏み外していたことに気が付いた。そこに始まった自問自答や試行錯誤が、安岡の本を取らせ、再び天理や人生の大道について考えさせるようになった。深い問題意識があるから、人々は安岡の本を読み、膝を叩いて、「ああ、そうか、そういうことだったのか!」と、大いなる覚醒を得る。

目次

  • 第1章 運命を拓く
  • 第2章 人物をつくる
  • 第3章 喜神を含む
  • 第4章 下坐に生きる
  • 第5章 心耳を澄ます

製品情報

製品名 安岡正篤 人生を拓く
著者名 著:神渡 良平
発売日 2001年09月20日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-272092-2
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る