小説 池田学校

講談社文庫
ショウセツイケダガッコウ
  • 電子あり
小説 池田学校
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

佐藤栄作と並ぶ「吉田学校」の雄・池田勇人に始まり、大平正芳、鈴木善幸、宮沢喜一と歴代総理を輩出、いままた加藤紘一を擁して挑むエリート集団・宏池会の系譜。その闘いを通して、戦後政治・経済・財政の歩みと高度成長期の生々しい裏面を描く。


政界を牛耳ってきた男たちの権力ドラマ。

佐藤栄作と並ぶ「吉田学校」の雄・池田勇人に始まり、大平正芳、鈴木善幸、宮沢喜一と歴代総理を輩出、いままた加藤紘一を擁して挑むエリート集団・宏池会の系譜。その闘いを通して、戦後政治・経済・財政の歩みと高度成長期の生々しい裏面を描く。

目次

  • 第一章
  • 老舗 開校の祖・池田勇人から加藤紘一まで半世紀に及ぶ名門派閥
  • 第二章
  • 忍耐 反骨の人・池田勇人は失言と苦渋の中で「宏池会」結成へ
  • 第三章
  • 飛翔 池田首相「所得倍増論」で高度経済成長への道
  • 第四章
  • 闘魂 「吉田学校」超優等生のライバル・佐藤栄作との確執
  • 第五章
  • 賢人 池田の死と読書家・前尾繁三郎の悲哀
  • 第六章
  • 盟友 好対照の田中角栄と組む哲人・大平正芳の前進
  • 第七章
  • 激突 “三角大福”の暗闘を経て「田園都市構想」の大平首相へ
  • 第八章
  • 死闘 怨念の四十日抗争……大平の死と親友・伊東正義の涙
  • 第九章

製品情報

製品名 小説 池田学校
著者名 著:浅川 博忠
発売日 2000年07月14日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-264893-6
判型 A6
ページ数 312ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る