隋唐演義(下)

講談社文庫
ズイトウエンギゲ
  • 電子あり
隋唐演義(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

唐の高祖・李淵(りえん)は、やっとの思いで天下を統一したが、それも束の間、今度は息子たちが帝位をめぐり争いだす。そして、次男の李世民(りせいみん)が太宗に即位し、以後、華やかな大唐帝国へと歩みだす。その後、女帝・武則天の活躍、玄宗と楊貴妃の熱愛、安禄山の反乱など、心を熱くする大ドラマが展開する……。だが、隆盛もついに閉じる日がきた。滅びゆく大唐帝国。愛と栄光に輝いた宮廷に落日の哀愁、その栄華の果て。全3巻完結。

製品情報

製品名 隋唐演義(下)
著者名 著:安能 務
発売日 1999年12月10日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-264696-3
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 単行本は1997年8月小社刊。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る